【手術をしないで治療する方法をあいなか整体院院長の蓑田知幸が初公開!

手術ではいぼ痔は完治しない

昔からのイメージで、「いぼ痔治療=手術」という考え方の人が大勢いらっしゃいます。実際に、「え!手術以外にも治る方法があったんですか!?」と驚かれることも多々あります。

しかし実は、手術によって治療すると再発する可能性が高いのです。 手術はあくまで応急処置でり、本当の意味での治療とは言えないのです。高額な医療代が発生する上に、再発するリスクを考えると、手術以外で治療する方法があるなら試しておきたいところですよね。

・いぼ痔は治療したいけど、手術は高いし、メスを入れらるのがなんだか怖い
・とにかく手術をしてでも治したい。でもそんなお金がないし、入院する時間もない
・ずっと通院するのも嫌だし・・・何よりも恥ずかしい

あなたも上記のように悩んだ事は無いでしょうか。また、これは座薬や塗り薬にも使い続けなければならない事から、同じことが言えるでしょう。

薬はあくまでも応急措置

最近ではたくさんのいぼ痔に効くと言われる薬が出ていますね。 実は、薬は使い方を一歩間違えると大変危険なのです。

すでにご存じかも知れませんが、薬には「依存性」というものがあります。薬を使えば、確かに一時的に痛みはやわらぎます。しかし、それで根本的に治る訳ではありません。

使い続けるうちに、耐性が出てきてだんだん効果が出なくなり、薬の量が増え、それでも痛みが消えないから、また薬を使う。 という悪循環にはまってしまう可能性があるのです。

薬はその場しのぎの物であって、本当の意味でのいぼ痔の治療にはなりません。

手術も薬もあまり良くなさそうですが、一体どうやっていぼ痔を治療すればいいの?

考える

実はいぼ痔は自力で治療する事が可能です。そして、そのためには「最大の原因」を取り除けば良いのです。

お尻を不潔にしていたり、遺伝や体質の事ではありません。

いぼ痔になってしまう最大の原因とは、「うっ血」なのです。 「うっ血」とは、血液の流れが悪くなり、 体の細部にまで血液がいき渡らない状態のことです。

つまり、座りっぱなしなどで血液の流れが悪くなると、いぼ痔なってしまうという事です。

残念ながら「うっ血」は、実は日常生活で治療することはほとんどできないのが現状です。なので「うっ血」に効果的なトレーニングをすることによって、はじめて治療ができるのです。

もうお分かりかと思いますが、蓑田先生のいぼ痔治療法とは、この「うっ血」を主に解消するトレーニングなのです。

この「うっ血」を解消するトレーニングは特殊なものです。ただやみくもに運動しているだけでは、うっ血が解消されることはありません。蓑田先生の方法は、この「うっ血」を効果的に解消し、人間の持つ治癒能力を最大限に活用し、治していくというものです。

しかも、このトレーニングはとても簡単で、1日1分でできるものです。

本来いぼ痔は、正しい知識を持っていれば、決して怖いものではありません。 自分自身の力で、簡単に治療することが可能なのです。

安心あなたもぜひこの方法を試して頂きたいと思っています。

これまで様々な種類の痔を持つ方々の悩みをスッキリさせてきた方法ですので、難しいことは一つもありません。大まかに言うと、次の たった二つのことをやっていただくだけです。

STEP@  1日1分のトレーニングをしていただきます。
STEPA  その後、再発しない方法を使います。

たったのこれだけです。

これだけのことを実践していただくだけで・・・ 気づいたらいぼ痔が治療できているのを実感するでしょう。 それから悩むこともなくなり、元通りの生活に戻る事ができるようになるのです。

1日1分のトレーニングとは具体的にはどうしたらいいでしょうか?

メニュー

痔wiki

サブメニュー

無料メルマガ配信中

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。痔に関するいろいろな情報を不定期ではありますが配信させていただいております。(※蓑田知幸本人によるメルマガではございません。)登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

逆アクセスランキング

※全てのランキングはこちらからご覧いただけます。このランキングへの参加方法は当サイトへのリンクを貼るだけですと簡単です。アクセスランキング