トップ

痔wiki(痔瘻) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

痔瘻(じろう、蓮痔、穴痔)は、肛門の周辺に穴ができて、そこから膿が出る疾患。 「穴痔」とも呼ばれ、肛門部に膿のトンネル(瘻管)が出来た状態のことである。

■原因と症状

多くは下痢などの時に肛門小窩に便が入り、それによって細菌が肛門周囲に侵入して炎症を起こし、肛門周囲膿瘍となった後に、肛門周囲に排膿することで生じる。
肛門周囲の深い所で膿瘍が発生した場合には自然に排膿することがなく、発熱など重症化し、場合によっては敗血症やガス壊疽を起こす危険があるため、切開して排膿する必要がある。その場合に発生した開口部に関しても痔瘻と呼ぶ事がある。
肛門周囲ではなく、上行して直腸周囲に炎症が及んだ場合は、直腸周囲膿瘍となり、重症化する。
肛門周囲膿瘍と排膿を繰り返しやすく、肛門周囲膿瘍で痛みなどが生じ、また排膿によって下着が汚れたり、悪臭がしたりすることもしばしばとなる。
一度できてしまった瘻管が自然に閉鎖することはなく、完治のためには手術が必要である(瘻孔部を塞ぐように皮膚や肉芽が形成される事があるが、体内の瘻管が塞がったわけではないので注意を要する)。
放置すると複数の瘻管が形成されたり、瘻管が枝分かれして網目状になることもある。
痔瘻から癌(痔瘻癌)が発生することもあり、なるべく早期の診察・治療が望まれる。

■診察・検査

痔瘻の深度及び形状を把握する為に、肛門周囲に開口した瘻孔部から探針(ゾンデ)と呼ばれる金属製の棒を挿入し検査する。その際、基本的に麻酔を用いない為に激痛が伴う。
便宜上、肛門小窩に空いたの孔を「一次孔」、体外に空いた孔(瘻孔部)を「二次孔」と呼ぶ。
瘻孔部が皮膚や肉芽で塞がれている場合は、局部麻酔を用いて切開した上でゾンデを挿入する。
瘻孔部より造影剤を注入し、瘻管の形状をレントゲン撮影する事もある。
瘻管の形状が複雑である場合、手術不可能となり定期的に切開・排膿を行うしかなくなる場合もあり得る。
診察しても一次孔の位置が判明しなかった場合は手術は不可である(たとえ一次孔を除いて切除しても、ほぼ再発するからである)


98.7%の方に効果があったイボ痔治療法の詳細はこちらをクリック!

メニュー

痔wiki

サブメニュー

無料メルマガ配信中

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。痔に関するいろいろな情報を不定期ではありますが配信させていただいております。(※蓑田知幸本人によるメルマガではございません。)登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email :